top of page
  • 執筆者の写真ip/NOBU

"OKIBI BOX" 開発秘話

ついに情報公開した"OKIBI BOX"


IPPO PRODUCTSファンならお気づきかと思いますが、これは昨年リリースしたアルスト用五徳"ARISSFIRE tiny"の四角形版。


"ARISSFIRE tiny"


昨春ARISSFIRE tinyをリリースして四角形版もリリースする予定で進めてたのですが、丁度その頃新ロゴへの移行を決めた事もありリリースを遅らせてました。


無事ロゴも決まり、その間テストを重ねて熟成させやっと形になりました。


開発秘話を少し…



皆さんキャンプへ行って調理をされる時に熱源は何を使われますか?

焚き火、炭火、ガス、アルスト…それらが主流かと思います。

それぞれ得意不得意な状況があるので要は使い分けだと思うのですが、"熾火"を皆さん有効利用されてますでしょうか?


焚き火をする時、投入して行く薪の火中に熾火は存在します。


そんなの知ってるよ!と思うかも知れませんが焚き火台の中で放置される熾火は風にさらされ、更に次々と投入される薪の下敷きになりやがて灰になります。

この熾火を少しだけ取り出して風にさらされにくい熾火箱、"OKIBI BOX"にストックしてやるんです。


風に守られ燃焼もゆっくり進んで行く為、一時間以上は熱源利用できます。

薪を焚き火台に投入し続ける限り、"熾火"は無限に出来上がるので、ガスも燃料も木炭も使わないので物凄くエコです。


更に一番大事なのは"料理を美味しく食べる事ができる"という事。


キャンプがブームになり、SNSなどで焚き火の上でクッカーを使わずに直火調理する風景をよく見かけるようになりました。


それはそれで燻製のような香りも楽しめ悪くは無いのですが、クッカーが真っ黒になるように食材も煤まみれです。

多分体には良く無いと思いますし、あまり美味しく無いです(笑)

これはコストコの厚切りタンを焼いてる風景ですが、メチャクチャ美味いです。伝わりますか?


大きな温度の上下変化がないのでクッカーを介した料理も焦げたりする心配もないですしかなりオススメです。


火力が弱くなったな、、と思ったら焚き火台の中の熾火を追加してあげましょう。


OKIBI BOXはそんな想いを込めて作りました。


勿論、炭火やアルスト五徳としても使えますのでかなり優秀です。



昨夏からテストして長くなりましたが、良い商品になりました。

"OKIBI BOX"で熾火の有効利用を体験して頂けたら嬉しいです。


販売開始まで暫くお待ちください。

閲覧数:211回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


コメント機能がオフになっています。

アウトドア、キャンプ、焚き火

bottom of page